ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • おすすめ情報
  • 防府市について
  • ぶっちーの部屋
  • 観光マップ
  • お知らせ
  • 360°パノラマ
  • 観光アプリ
  • 動画
  • お役立ち情報
  • 防府市まちの駅うめてらす
  • 防府市観光協会
  • 関連リンク
  • 特産品・工芸品
  • 歴史・文化財
トップ > 観光情報 > 英雲荘の一般公開について

英雲荘の一般公開について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月23日更新

英雲荘(国指定史跡萩往還関連遺跡三田尻御茶屋)一般公開

国指定史跡萩往還関連遺跡三田尻御茶屋旧構内英雲荘が、平成8年から23年までの保存修理工事を終了し、一般公開されています。

国史跡萩往還関連遺跡三田尻御茶屋旧構内

萩往還は、萩城下唐樋から三田尻御茶屋までの約53kmの街道で、大名の参勤交代の道として整備され、また日本海側と瀬戸内海側とを結ぶ道として、多くの人々に利用されました。
三田尻御茶屋は、承応3年(1654)萩藩2代藩主毛利綱広(つなひろ)によって設置された萩藩の公館で、藩主の参勤交代や領内巡視時の休憩、また迎賓に使用されました。
昭和14年(1939)毛利家から防府市に寄付され、防府に縁が深く、晩年をこの地で過ごした7代藩主毛利重就(しげたか)の法名から「英雲荘」と命名されました。
今回の保存修理工事では、建物の各部分については、それぞれが建設された時代(江戸、明治、大正)にあわせて復元し、全体としては明治~大正期の姿に整備しています。

三田尻御茶屋大観楼棟外観
三田尻御茶屋英雲荘東門
英雲荘内部(大観楼廊下)
英雲荘建物配置図

開館時間

9時30分から16時30分まで
入場は16時まで

観覧料

大人300円(団体240円)
小中学生150円(団体120円)
※団体料金は20人以上

障害者手帳または療育手帳をお持ちの方と介助の方お一人は無料です。

休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)

12月29日~1月3日

英雲荘

〒747-0819
山口県防府市お茶屋町10番21号
電話(0835)23-7276


このホームページについて