ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

防府市文化財郷土資料館展示室

常設展示

文化財課は長年にわたり行ってきた防府市内の遺跡や古墳の発掘調査、また有形文化財の調査から得られた膨大な量の資料を所蔵しています。
展示室ではこれらの出土遺物や、古文書の中から各ケースごとにテーマを設け、展示を行っています。
なお一部の展示については、一定の期間ごとに少しずつ資料を入れ替えています。

※企画展が行われる際には、2階展示室の常設展示はお休みします。

ケース1弥生時代の防府

防府市内にある弥生時代の遺跡から、下右田遺跡と井上山遺跡を中心にとりあげています。

ケース1弥生時代の防府

ケース2古墳時代の防府

防府市内の主な古墳の紹介、ならびに防府市指定史跡向山三号古墳をはじめとする市内の古墳からの出土品を展示しています。

ケース2古墳時代の防府

ケース3防府の古瓦と寺院

奈良時代の創建当初からほぼ変わらない位置にある周防国の国分寺。金堂の変遷の様子と奈良時代、室町時代、江戸時代の各時代の金堂に使われた瓦を展示しています。

ケース5周防国分寺

ケース4・5周防国府跡

昭和36年に始まり現在も続いている、国指定史跡周防国衙跡の発掘調査で出土した品々を展示しています。

ケース3と4周防国衙跡

ケース6中世の防府

下右田遺跡を中心に、中世の防府の様子を紹介しています。

ケース6中世の防府

ケース7近世の街道と防府

山陽道沿いにあった、富海宿の本陣をつとめた石川家に伝わる文書を展示しています。
またケース7の隣には、防府市を東西に走る山陽道と南北に走る萩往還の遺跡について、山陽道の道標とともにパネルを展示しています。

ケース7近世の街道と防府

ケース8防府の塩業

江戸時代から昭和にかけて、防府の産業の中心的役割を果たした製塩業について、三田尻塩業組合資料、また塩田の写真や模型を展示しています。

ケース8防府の塩業

その他

その他

  • トピックス展示
  • 出土した木製品の保存処理

弥生時代の住居

古墳時代の住居

左:弥生時代の住居(模型)右:古墳時代の住居(模型)

木製品の保存処理

木製品の保存処理に関する展示


このホームページについて