ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年度保育の利用手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月16日更新

保育の利用手続きについて(平成29年度)

平成29年10月1日からの一か月間で平成29年12月の利用申し込みを受け付けます。
※市役所に提出の場合は、土日・祝日・年末年始を除きます。
※各保育施設に提出の場合は、日曜・休園日を除きます。

申込書提出期間

  • 平成29年12月からの利用を希望される場合…平成29年10月1日から平成29年10月31日まで受付
  • 上記以外の月の利用を希望される場合…入所希望月の前々月の初日から末日まで受付
  • 下記に該当される方は、希望する施設により予約受付が可能な場合があります。
    (1)産休・育休明けで利用を希望する場合
    (2)既に保育施設を利用しているきょうだいがおり、同一施設の利用を希望する場合
    (注)利用希望日が明確になった時点で利用を希望する施設に予約手続き等の確認をしてください。

申込書提出場所

防府市役所子育て支援課
(※各保育施設へ提出可能な場合もあります。)

利用基準

保護者が、働いている、出産をひかえている、病気であるなどの理由により、昼間家庭での保育ができない子どもが対象になります。
定員超過などにより希望者全員を受け入れることができない場合、防府市保育施設利用選考基準表により希望者ごとの優先順位を決定し、利用決定者の振り分けを行います(以下、利用調整という。)。

「防府市保育施設利用選考基準表」 [PDFファイル/140KB]

保育利用基準
保育を必要とする事由具体的な内容保育を利用できる時間
就労月64時間以上就労しているもの

就労時間月120時間以上―標準時間
就労時間月120時間未満―短時間

産前産後産前産後8週間の期間に該当しているもの

標準時間

保護者の病気・障害保護者の病気等により、子どもの保育に支障があるもの

標準時間

親族の介護親族の介護に、月16日以上かつ1日4時間以上従事しているもの

介護時間月120時間以上―標準時間
介護時間月120時間未満―短時間

災害復旧火災や風水害、地震の災害復旧に当たっているもの

標準時間

求職活動求職活動を継続的に行っており、3か月以内に就労するもの

短時間

就学職業訓練、各種学校等において月16日かつ1日4時間以上就学しているもの

就学時間月120時間以上―標準時間
就学時間月120時間未満―短時間

※上記表における「保育を利用できる時間」は、標準時間(1日最大11時間)短時間(1日最大8時間)となります。

標準時間、短時間の時間設定は各保育施設により異なります。

必要書類について

子どものための教育・保育給付支給認定申請書兼保育利用申込書」と下記の書類を提出してください。申込書等は、各保育施設にもあります。
(子どものための教育・保育給付支給認定申請書兼保育利用申込書は子ども1人につき1枚提出してください。)

平成28年1月1日から、申込書に個人番号(マイナンバー)の記入が必要となりました。
申請の際に、個人番号(マイナンバー)が確認できるもの(通知カード等)と本人確認ができるもの(運転免許証等)の
提示をお願いします。
添付書類一覧

就労の場合

・雇用されている場合・・・雇用証明書
・自営業の場合・・・自営・内職等就労状況申告書(もしくは農業・漁業就労状況申告書)および事業をしていることが確認できる書類(確定申告書等)

産前産後の場合

申告書(出産)
・出産または出産予定日のわかる母子手帳の写し

保護者の
病気や障害の場合

病気・けが・障害状況申告書
診断書(保護者の疾病等用)

親族の介護の場合

介護・看護状況申告書・手帳の写し(療育手帳重度または中度、身体障害者手帳1~3級、精神障害者保健福祉手帳1級)
または診断書(介護・看護用)

災害復旧・り災証明
求職活動求職活動申立書兼誓約書
就学在学証明書
  • 他市町村から転入の場合、前住所地発行の所得課税証明書が必要な場合があります。(平成28年1月2日以降転入の場合)
  • 申し込みの際に書類が不足している場合、認定が出来ませんので、希望月に利用できないことがあります。
  • 申請後に申請内容が変更になる場合には、必ず子育て支援課に届け出てください。

 保育料について

保育料は、保護者(父母等)の市町村民税課税状況と入所児童の年齢をもとに、利用者負担額表により決まります。
4月から8月までは平成28年度の市町村民税課税状況、9月から3月は平成29年度の市町村民税課税状況により保育料が決まります。
ただし、祖父母等同居親族がいる場合(住民票上の世帯が別であっても住民票の住所が同一住所である場合)は祖父母等同居親族を算定に含める場合もあります。
また、保育料の減免制度等もありますので、詳しくは下のリンク先にて、ご確認ください。

(参考)平成29年度の保育料について

各施設の受入可能数

平成29年12月受入可能状況  [PDFファイル/195KB]