ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

野島おすすめスポット

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月1日更新

おすすめスポット

野島は・・・

野島は本土防府市から東南へ14.8キロメートル離れた海上にあり、周南諸島に属し、行政区域を防府市とする離島で、野島・平島・沖島の3島からなり、面積は0.87平方キロメートルです。

島の人達は、面積0.73平方キロメートル、周囲約3キロメートルの野島に居住し、その集落は北側の入江に密集しています。

人口は101人(平成29年7月現在)で、主たる産業は漁業です。

本土との交通機関は、平成24年11月22日から新造船「レインボーあかね」が、所要時間約30分で一日に4往復しています。

また本島は瀬戸内海国立公園の一角を占めており、その美しい自然環境は四季を通じて観光客を集めています。

野島空撮

名前の由来

かつては無人の島で、田や畑がなかった事から「野の島=野島」と称されるようになったと言われています。

また、島全体がツツジで覆われ、開花の時期には海まで真っ赤に染まって見えたことから「茜島(あかねじま)」とも呼ばれていたそうです。

残念ながら現在は海に映えるほどのツツジはありません。復活を検討中

見どころ

おすすめスポット猫

名称

津久美浜海水浴場

例年7月初頭に海開きされ、8月末までオープン予定。

安全祈願海水浴

平成29年7月1日海開き安全祈願祭

青い空、青い海、夏は海水浴だ!野島の海、津久見ヶ浜海水浴場がみなさんのお越しを待っています。船着場から徒歩15分の島の北東部にある小石の海岸で、東側の海岸からは徳山湾、笠戸湾の美しい島々を眺めることもできます。

シーズン中は、たくさんの海水浴客で賑わいます。

海開き・豪快な餅まき

海開きに行われる海をバックに、豪快な餅まき。

津久美浜キャンプ場

平成15年に開設されたキャンプ場で、炊事場、休憩所、シャワー室、トイレが完備されています。

利用料は無料。

利用する場合は管理人に連絡をしてください。

0835-34-1610(佐子野島自治会長)

津久美浜キャンプ場

大笑い観音

平成8年8月8日(笑い声にちなんで、ハ・ハ・ハの日)に「いつまでも笑いを忘れず楽しく暮らしたい」という願いを込めて建てられました。

御影石造りで、台座を含めて高さ3メートルあり、右手に釣竿、左手に鯛を抱えている観音様です。

並んで”大笑い観音様口説き”の掲示もあります。

観音様の顔は、島民(女性)の二人の笑顔をコンピュータで合成して作られています。

大笑い観音

釣りのポイント

新波止

新波止の釣り新波止赤灯台

毎年、たくさんの釣り人が新波止に入られます。

中波止

中波止の釣り中波止の釣り人

中波止も釣りのポイントです。好んでここに入られる釣り人もおられます。

東の湾

東の湾のアジ釣り東の湾の釣り人

ここ2年間は東の湾にアジが入らなかったけれど、春先にアジが入ってくると、沢山の釣り人でにぎわいます。

90cmのブリ

平成29年7月28日に新波止先端で釣れた約90cmのブリ。

 

新波止先端で釣れたヒラメ

平成29年5月16日新波止先端で釣れたヒラメ。

 

お孫さんを連れてファミリーフィッシング

お孫さんを連れてファミリーフィッシング。

矢立神社

4年に一度(寅年、午年、戌年)開催される御年祭(ごねんさい)・・五年祭と表記されることもあるそうです・・で、神楽(三作神楽)十二の舞(神舞)が奉納されます。神舞を舞われる為に周南市和田字三作部落より来島される三作神楽(みつくりかぐら)の一行は、国の無形民俗文化財に指定されています。

今回は延期となっておりましたが、平成26年10月25日(土曜日)26日(日曜日)の二日間に亘って神事が行われました。

平成26年10月26日に行われた御年祭(ごねんさい)の様子

kamimukae「神殿(かんどん)入り」

gonennsai「柴鬼神の舞」

年中行事として、六月祭り(開催日:旧暦6月10日)と九月祭り(開催日:旧暦9月10日)があり、九月祭りには神輿行列や獅子舞、奉納相撲が行われます。

矢立神社

yatatejinnjanosyadenn

社殿の内部

hounousumou

平成28年九月祭りの様子

周防野島灯台

島の南側高台に昭和53年に建設された高さ19メートルの白亜の灯台で、海面から灯火までの高さは87メートルあります。

野島の船着場から徒歩15分程度で、行く事が出来ます。

この灯台には、気象観測機器を設置しており、ここで観測した風向と風速は海上保安庁のホームページやテレホンサービスで利用できます。

光の色:白色

光り方:等明暗光(6秒間に点灯3秒、消灯3秒の間隔で光る)

光度:13000カンデラ

光の届く距離:約26キロメートル

周防野島灯台

にょうにょう石

新波止付け根から左側(灯台と反対方向)に向って歩いて行った防波堤の切れた所にある岩です。

一見、猿のようにも見えますが、お坊さんの姿だそうです。

島では、お経を上げる事を「ニョウニョウ申す」と言うらしく、お坊さんの事も指すそうです。

にょうにょう石の写真です

野島の浜市

年に4回開催され、新鮮な魚はもちろん、島の名産品も販売され、多くの人で賑わいます。

浜市浜市その2

平成29年3月4日(土曜日)に開かれた浜市、たくさんの人が来てくれて、飛ぶように魚が売れました。

うしお汁

魚を買って一段落、うしお汁をいただいています。

好評のうちに終了

次回開催日未定

こちらもご覧ください!

野島案内図 [PDFファイル/142KB]

野島の散策マップ [PDFファイル/471KB]

野島の紹介 [PDFファイル/148KB]

防府市総合政策部市民活動推進課地域振興係作成

野島猫

郷土料理

野島には、名物料理がたくさんありますが、その中でも野島の角寿司は、横綱でしょう。

酢で〆た魚がのっている押し寿司です。 

野島豆腐は、法事豆腐と呼ばれていたもので、豆腐を保存する知恵が入っています。

かんころもちは、島で採れるさつまいもを使ったお餅です。

ツンコカレイ(タマガンゾウヒラメを干した物)やツンコと野島の手作り味噌で作ったツンコ味噌、干しエビも特産品です。

島の沿岸で獲った天草を手間隙かけて作ったところてんや寒天も郷土料理といえるでしょう。