ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総務課 > 防府市長からのメッセージ(平成29年12月15日号)

防府市長からのメッセージ(平成29年12月15日号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月15日更新

 

 このメッセージをご覧の頃は錦秋から秋冷へ。そして初冬の訪れの頃では…と思いつつペンをとっております。

 すでに報道等でご承知かと存じますが、去る11月24日の定例記者会見(毎月1回 報道各社へ市政に関する報告を行い、ご質問をいただいている場です)において来年5月末頃執行の防府市長選挙に出馬しない旨発表致しました。

 思いかえせば平成10年6月21日から今日まで約19年半の永きにわたり市長職を務めさせていただき、多くのご教導とご支援を賜りました。心から感謝でいっぱいでございます。

 25才の9月に右田の西目山が大火災となりましたが、その火が鎮火した朝、私は防府に帰ってまいり、家業を手伝い・継承し、38才2か月の折に市議会議員に当選させていただきました。

 考えてみますと、ふるさと防府でちょうど50年懸命に働き、気がついてみれば75才。私なりの日々を過ごしてまいりました。

 市長として残された日々「一日、一日が任期」という初心を忘れず、市長職を全うするとともに全国市長会会長としての重職を働き切る覚悟でございます。

 五期20年の永きにわたりご支援下さった多くの市民の皆様に重ねて御礼申し上げ今年締めくくりの市長メッセージと致します。

(11月27日記)

a

防府市長松浦正人

広報「ほうふ」12月15日号より転載