ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総務課 > 防府市長からのメッセージ(平成30年1月15日号)

防府市長からのメッセージ(平成30年1月15日号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月15日更新

・・・戊戌(つちのえいぬ)の年を迎えて・・・

 平成30年戊戌 初春となりました。本一年が災害のない 平穏な年でありますよう心から祈る思いでございます。
 この戊戌の年は、古くから 「熟した実が落ち、そこから新しい芽がふき、勢いづく年」 と言われております。過去には今上陛下がご婚約をされた年であり、あの東京タワーが建設された年でもあります。(また、一万円札が新たに発行された年でもあります)

 今年は5月末に市長選挙が施行されます。
 まさに市民の皆様のお心で新しい市長が選出され、18年後に迫った市制施行100周年に向けて新しい第一歩が刻まれる年でもあります。

 このメッセージをしたためている今は12月13日。明日14日に総理官邸での「国と地方の協議の場」や防府市の新たな一歩になるであろうまちづくりに関する政策協議や、年末の陳情に出向く飛行機の中でございます。残すところ180日余り(このメッセージご高覧の頃は150日余りとなりますが)の日々ではありますが、全国市長会会長としての用務や防府市長としての職責を果たすべく全力を尽くして働いている毎日でございます。10月、11月と忙しく飛び歩き、右田ヶ岳にもそれぞれ2回ずつしか登ることが出来ず(12月は今のところゼロ)この調子では体調維持の目的で設定した目標の達成は困難となりましたが、年の瀬を元気に働かせていただいております。新しい年、覚悟をもって迎えます。(12月13日記)

a


平成29年第3回目となる国と地方の協議の場(12月14日 首相官邸) 

防府市長松浦正人

広報「ほうふ」1月15日号より転載