ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

分籍届

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年1月1日更新

分籍届

従前の戸籍から除籍して、その者を筆頭者とする単独の戸籍を新たに編成することです。

届出にあたって

 分籍を希望する方の氏の変更を伴わず、従前の戸籍から除籍して、自らを筆頭者とする単独の戸籍を新しく編成することを分籍といいます。
 なお、戸籍の筆頭者及び配偶者は届出人とはなれません。
 届出人となれるのは、戸籍の筆頭者及び配偶者以外の方で、20歳以上の成年者であれば、その方の意思によっていつでも分籍することができます。
 ただし、一旦分籍すると、従前の戸籍に戻ることは出来ませんので注意が必要です。

現在の本籍地以外の市区町村に分籍する場合は、戸籍謄本(全部事項証明書)が1通必要です。

届出の用紙

市民課3番窓口にあります。

分籍届の記載例 [PDFファイル/66KB]

よくあるご質問

Q.本籍を住所が一致しなくてもよいのですか?
A.本籍と住所は別のものとお考えください。

*閉庁後、土曜日、日曜日、祝日などの業務時間外は1号館西側宿直で受け付けます。

宿直への案内図