ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保険年金課 > はり・きゅう・あんま・マッサージの施術を受けるときの注意

はり・きゅう・あんま・マッサージの施術を受けるときの注意

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月3日更新

【国保が使える場合と使えない場合】

はり・きゅう・あんま・マッサージの施術を受けるとき、国保が使える場合と使えない場合があります。

国保が使えない場合には全額自己負担となります。

→ただし、防府市指定のはり・きゅう施術所で施術を受けるときは、施術費から助成額が減額されます。詳しくははり・きゅう施術補助についてをご覧ください。

国保が使える場合国保が使えない場合
症状必要な書類
はり・きゅう

神経痛やリウマチ、五十肩、腰痛症などの

慢性的な痛みのある病気

医師の同意書

・医師の同意書がない場合

・保険医療機関で同じ対象疾患の治療を受けている場合

あんま・マッサージ

筋肉麻痺や関節拘縮などで、

医療上マッサージ・あんまを必要とする場合

医師の同意書

・医師の同意書がない場合

・疲労回復や慰安が目的の場合(単なる肩こりや腰痛)

  

【国保が使える場合で施術を受けるときの注意】

・保険を使うためには、あらかじめ医師の発行した同意書または診断書が必要となります。

・負傷の原因(日時・場所・状況等)を正確に伝えて、保険が使えるかどうか確認しましょう。

・交通事故やケンカなど第三者の行為が原因で負傷した場合は国保に届出が必要となります。

・保険医療機関で同じ対象疾患の治療を受けている間は、はり・きゅうの施術を受けても国保の対象にはなりません。