ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保険年金課 > 国民健康保険に加入するとき・脱退するとき

国民健康保険に加入するとき・脱退するとき

印刷用ページを表示する掲載日:2011年1月1日更新

概要

国保に加入したり、国保から脱退するときには、原則として届出が必要です。(届出は14日以内に必ずしましょう。)

※ 別世帯の方による代理届出の場合は、委任状が必要となります。委任状の様式についてはこちら をご覧ください。

届出に必要なもの

すべての届出で共通

  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
  • マイナンバーがわかるもの(マイナンバー通知カードなど)
加入するとき

職場の健康保険をやめたとき
職場の健康保険の被扶養者から外れたとき

  • 健康保険資格喪失証明書[※1]
    (職場の健康保険をやめた証明書)

他の市町村から転入したとき

子どもが生まれたとき

★ 保険料の口座振替納付を希望される方は、預貯金通帳銀行印をお持ちください。口座振替の詳細についてはこちら をご覧ください。

※1 職場等が発行する証明書です。雇用保険の「離職票」とは異なりますので、ご注意ください。

脱退するとき

職場の健康保険に入ったとき
職場の健康保険の被扶養者になったとき

  • 国保の保険証
  • 職場の健康保険証[※2]

他の市町村に転出するとき

  • 国保の保険証

国保の被保険者が死亡したとき

  • 国保の保険証[※3]

※2 まだ交付されていない場合、健康保険資格取得証明書(職場の健康保険に入った証明書)があれば届出可能です。
※3 死亡した人が世帯主の場合、加入者全員分の保険証をお持ちください。

その他

市内転居したとき
世帯主や氏名が変わったとき

  • 国保の保険証
    (世帯主変更の場合は加入者全員分)

保険証を紛失・破損したとき(再発行)

  • 印鑑

修学のため家族と離れて住むとき