ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保険年金課 > 後期高齢者医療保険料特別徴収(仮徴収)開始通知書の重複送付についてのお詫びとお知らせ

後期高齢者医療保険料特別徴収(仮徴収)開始通知書の重複送付についてのお詫びとお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月20日更新

 この度、平成28年度の後期高齢者医療保険料特別徴収(仮徴収)開始通知書について、一部の方に同一の内容のものを2通送付しましたことを御報告いたしますとともに、関係者の皆様に多大な御迷惑をおかけしましたことを心からお詫び申し上げます。

概要

 平成27年度中に当市において新規で後期高齢者医療の被保険者となられた方の内、4月又は6月から特別徴収(仮徴収)が開始になる方について、特別徴収(仮徴収)開始通知書を4月13日付けで発送しましたが、4月開始者のデータの中に6月開始者も含まれていたため、誤って6月開始者に対し重複して通知書を送付しました(重複件数:215件)。なおデータが重複して作成され、通知書が重複送付されましたが、特別徴収(年金天引き)が重複されることはありません。 

今後の対応について

 対象者全員に文書及び電話でお詫びし、説明をして御理解をお願いしてまいります。今後はこのようなことのないよう、正確な事務処理と十分な確認に努めて参ります。