ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保険年金課 > 年金受給者が亡くなられたとき

年金受給者が亡くなられたとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月27日更新

概要

国民年金を受給されていた方が死亡されたときは、「年金受給権者死亡届」または「未支給年金請求書」の提出が必要です。

※亡くなられた人と生計を同じくしていたその配偶者、子、父母、孫、祖父母、または兄弟姉妹は、未支給年金の請求手続きを行えば、死亡月までの年金を受け取ることができます。

未支給年金の請求手続きに必要なもの

  • 亡くなられた人の年金証書
  • 請求者の印鑑
  • 請求者名義の預貯金通帳
  • 亡くなられた人の住民票の除票(本籍、続柄の記載のあるもの)
  • 請求者の世帯全員の住民票(本籍、続柄の記載のあるもの)
  • 戸籍謄本(請求者の載っているもの)

    ※その他必要書類については、年金係までご相談ください。

死亡届の手続きに必要なもの

  • 亡くなられた人の年金証書
  • 届出人の印鑑

申請先

保険年金課 年金係(6番窓口)

街角の年金相談センター防府または山口年金事務所(厚生年金を受給されていた方)