ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 生活安全課 > 防府市営大光寺原霊園

防府市営大光寺原霊園

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月5日更新

概要

防府市営大光寺原霊園は、昭和58年より運営を開始し、市民の皆さんに広くご使用いただいております。

所在地:防府市大字牟礼901番地の2

面積:20,991平方メートル

区画数:2,071区画

大光寺原霊園MAP

ご使用いただく区画には、普通区画と納骨室付区画の2種類があります。

納骨室付区画には、ご遺骨を収蔵する納骨室があり、建立するお墓の規格が決まっています。

貸出について

年に一度公募により貸出を行っています。

平成29年度の公募は終了しました。

詳細については、市広報6月1日号に掲載しています。

市広報6月1日号18ページ [PDFファイル/200KB]

料金

永代使用料

墓所を永代的に使用できる権利の料金で、墓所をお貸しする際に最初にお支払いいただきます。(土地を販売するものではありません。また、お貸しした墓所や建立されたお墓は、使用者の責任において管理していただきます。)

祖先の祭祀を司る方がこの権利を承継する場合は、手続きが必要です。無縁墓所とならないためにも、必ず手続きをしてください。

普通区画と納骨室付区画によって料金が異なります。

普通区画:260,000円

納骨室付区画:290,000円

管理料

使用者には管理料を納付していただきます。

平成26年4月1日からの消費税及び地方消費税の改定に伴い、一区画につき年額4,320円(旧:4,200円)に変更させていただきます。(5年一括払いの場合は21,600円(旧:21,000円)です。)

管理料は、墓園内の道路や水道、緑地などの公益部分の維持管理経費に充てるものです。個々の区画内の清掃、除草は使用者の責任で行っていただきます。

生活保護法(昭和二十五年法律第百四十四号)による保護費を受給されている場合は、管理料減額申請書の提出により、減額措置がありますので、生活安全課までご相談下さい。

各種お手続き

大光寺原霊園の使用において、お墓の建立や納骨する時など、以下のような手続きが必要となります。

お墓を立てたいとき

建立等の工事に際して工事着工届、工事完成届を管理人へ提出していただきます。

お墓の建立残土及び墓石等は必ず使用者が処分して下さい。墓園内への投棄は絶対にしないで下さい。

防府市営墓園墓所施設等工事着工届(PDF) [PDFファイル/117KB]

防府市営墓園墓所施設等工事完成届(PDF) [PDFファイル/71KB]

納骨をするとき

納骨するときは、管理人へ死体埋火葬許可証もしくは改葬許可証を提出してください。

その際に、管理人に防府市営墓園使用許可証の提示をお願いします。

 9時00分から16時30分まで管理人が常駐しております。(12月29日~1月3日を除く)

本籍、住所等が変更となったとき

防府市営墓園使用許可証と印鑑を生活安全課へお持ちのうえで、変更手続きを行って下さい。

 使用者の承継をするとき

防府市営墓園使用許可証と印鑑を生活安全課へお持ちのうえで、承継の手続き(使用者の名義変更)を行って下さい。

原則として祖先の祭祀を司る方にのみ変更が可能です。

新しい使用者には、墓所の管理、管理料の納付をしていただきます。

不要になったとき

不要になったときは、使用されていた区画を更地に戻して下さい。(費用は使用者の負担となります。)

その後、防府市営墓園使用許可証と印鑑を生活安全課へお持ちのうえで、返還手続きを行って下さい。

墓所を未使用のまま返還された場合は、既納の使用料の半額を還付します。

管理料を5年一括払いで納付いただいている場合は、翌年度以降の管理料を還付します。

 使用許可証を紛失したとき

防府市営墓園使用許可証は、大光寺原霊園を使用する権利を認めた証書です。

万一、紛失された場合は、再交付を受けることができますので、生活安全課までお問合せください。 

お知らせ

平成21年7月21日の集中豪雨により、甚大な被害を受けました当霊園の災害復旧工事は平成23年3月31日をもって完了しました。

また、砂防えん提及び下部流路の工事は平成25年6月28日をもって完了しました。

砂防堰堤の写真です。

砂防堰堤下の水路の写真1です。

砂防堰堤下の水路の写真2です。