ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 子育て支援課 > 児童扶養手当の一部支給停止措置について

児童扶養手当の一部支給停止措置について

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年1月1日更新

平成20年4月から、受給期間が5年(支給事由発生から7年)を超える方の児童扶養手当が、一部支給停止になります(母である受給者に限る)。
ただし、下記の1から5に該当する方は、一部支給停止になりませんが、関係書類の提出が必要です。
(受給期間が5年を超える方には、関係書類を個別に送付します。)
なお、関係書類の提出がない場合、児童扶養手当が一部支給停止になる可能性がありますので必ず関係書類の提出をお願いします。

一部支給停止にならない方

  1. 修業している方
  2. 求職活動等の自立を図るための活動をしている方
  3. 身体上、または精神上の障害がある方
  4. 負傷、疾病により就業することが困難である方
  5. 児童、または親族が障害、負傷、疾病の要介護状態等にあり、受給者(母)が介護する必要があるため、就業することが困難である方

※詳しくは、市子育て支援課にご相談ください。