ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

民間移管

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年1月1日更新

公立保育所の民営化について

公立保育所民営化については、防府市行政改革委員会の平成13年11月28日付け答申に基づき、平成21年4月に、三田尻保育所(定員100名)を社会福祉法人勝間保育園に、西須賀保育所(定員60名)を社会福祉法人華陽会へ民間移管しました。
残り3園については、今後各関係者と調整しながら協議してまいります。

基本的な考え方

少子高齢化社会において、保育ニーズの高度化、多様化等の要請に柔軟に対応できる保育所機能の整備充実が求められています。
 こうしたなか、公立保育所の民営化については、県内トップクラスにあると行政改革委員会でも評価されている防府市内の私立保育園に移管することは、サービスを後退させることなく最小の経費で最大の効果を上げることができるものと考えています。また、財政状況の厳しい中、限りある人的・財的行政資源で効率良く、良質のサービスを提供しようとするものです。

民営化にあたって

  1. 民営化の手法は、行政改革委員会第2部会の報告書に基づき、保育所の設置主体、運営主体ともに民間に移行する「民間移管」方式としました。
  2. 移管先法人の選定については、保育所の運営経験を有する市内保育協会の社会福祉法人を移管先の対象とし、「公立保育所民間移管対策委員会」を設置し、移管先の候補法人を選定しました。
  3. 円滑な移管に向けては、保育士等職員が入れ替わること等による入所児童への影響を最小限にするため、平成20年4月から1年間合同保育を実施しました。
  4. 施設については、必要箇所について改修を行いました。

 

平成19年度の取り組み

保護者への説明

保護者の理解を得るための説明会を次のとおり開催しました。

 第1回

民間移管に至る経緯、移管方法の説明、質疑応答、アンケートの実施

  • 平成19年9月13日
    三田尻保育所保護者説明会開催
  • 平成19年9月14日
    西須賀保育所保護者説明会開催

第2回

移管先の社会福祉法人とともに保護者アンケートに基づく説明

第3回

合同保育への取り組みの説明、質疑応答

西須賀保育所
西須賀保育所


三田尻保育所
三田尻保育所

平成20年度の取り組み

合同保育の実施

平成20年4月1日、三田尻保育所へ社会福祉法人勝間保育園の保育士7人、西須賀保育所へ社会福祉法人華陽会の保育士5人を迎え、市職員の保育士とともに児童の保育を開始しました。その後、1年をかけて、保育や行事に共同で取り組み、円滑な引継ぎを行いました。

合同保育の様子
合同保育の様子

三者協議会

円滑な移管に向けて、保護者代表、受託法人、市で構成した三者協議会を設置しました。
資料5 [PDFファイル/16KB]
資料6 [PDFファイル/15KB]

第1回

第2回

第3回

  • 平成21年1月28日
    三田尻保育所三者協議会開催

第4回

  • 平成21年2月17日
    三田尻保育所三者協議会開催

保護者説明会

  • 平成20年9月11日
    三田尻保育所施設改修に伴う保護者説明会
  • 平成20年10月15日
    西須賀保育所施設改修に伴う保護者説明会
  • 平成21年3月23日
    三田尻保育所三者協議会に報告及び覚書について保護者説明会
  • 平成21年3月24日
    西須賀保育所三者協議会に報告及び覚書について保護者説明会
  • 平成21年3月31日
    防府市立三田尻保育所、防府市立西須賀保育所閉所

平成21年度

  • 平成21年4月1日社会福祉法人勝間保育園三田尻保育所開設

  • 平成21年4月1日社会福祉法人華陽会西須賀保育所開設

 

西須賀保育所
社会福祉法人華陽会西須賀保育所

三田尻保育所
社会福祉法人恵日会三田尻保育所
 (平成21年5月14日法人名変更)