ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 社会福祉課 > 【イクメン・イクジイ・カジダン】フォトコンテスト2013受賞作品が決定しました

【イクメン・イクジイ・カジダン】フォトコンテスト2013受賞作品が決定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月22日更新

【イクメン・イクジイ・カジダン】フォトコンテスト2013に、多くの御応募をいただきありがとうございました。

平成25年10月2日(水曜日)から20日(日曜日)までルルサス防府にて応募作品(23点)の展示を行い、来場された皆さんからの投票により、受賞作品が決定しましたので発表いたします。

最優秀賞

『「男の料理教室」で悪戦苦闘!!』 古谷 壽雄さん

最優秀賞写真

エピソード

市民教養講座「男のワイルド料理教室」(西浦公民館教室)には、16名の受講生がいるが皆60歳以上で、70歳を超えた人も多い。ベテランも多く、新人は6名であるが、和気あいあい楽しくやっている。
現役時代は家事や家のことは奥さんに任せきりで、苦労をかけた償いとして、少しでも奥さんの手助けをしたいとの思いから受講している人が多い。
毎回先生の手ほどきを受け、レシピを見ながら料理をしているが、「基本」の大切を痛感している。手順や下処理等いい加減にすると結果は如実に現れてくる。「おふくろの味」を目指して奮闘中である。

優秀賞

『寝くじ一発』 伊藤 雄三さん

優秀賞作品

エピソード

我が子(3人)、孫(5人)、どの子も眠たくなった時の寝くじには、ずいぶん悩まされました。寝くじと思われたら、即「おんぶ」して、天気の日は天満宮⇔家⇔国分寺を写真の姿になるまで、雨の日は家の中をぐるぐる歩き、10~30分で寝てくれました。しかし寝た子を布団(ベビーベッド含む)に下ろすのがひと苦労・・・、下ろしたとたん、目をパチリ・・・
「なして寝かせるのか」アーン・・・アーン
再度おんぶのやり直しです。