ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康増進課 > あなたや周りの人の「こころ」は大丈夫?(3月は自殺対策強化月間です)

あなたや周りの人の「こころ」は大丈夫?(3月は自殺対策強化月間です)

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月1日更新

あなたや周りの人の「こころ」は大丈夫ですか?(3月は自殺対策強化月間です)

春は生活の変化も起こり、こころの不調をきたす方も増える季節でもあります。こころの不調は一見外からはわかりにくいものの、一人ひとりの生活の質に大きく影響するものです。心の健康を保つために、自分の心の状態を振り返ってみましょう。

こんなサインに要注意!セルフチェックをしてみよう。

身体面精神面行動面

□肩こりや頭痛が続く

□動悸や息苦しさがある

□眠れない日が続く

□お腹が痛い

□食欲がないまたは気づいたら食べ過ぎている

 

□意味もなく不安が続く

□やる気がなく、疲れている

□持続力、集中力が低下する

□ささいなことで腹が立ち、イライラする

□すぐカッとして、怒りやすい

□仕事や家事が手につかない

□好きだった食べ物が食べられない

□朝起きられず、遅刻や欠勤が増える

□酒量やたばこの本数が増える

□人との交流を避ける

□ギャンブルをすることが増える

チェックをしてみて、いかがでしたか?まずは、自分の不調の傾向に気づくことが大切です!

ストレスを和らげるセルフケア♪

●生活リズムを整えよう!

早寝早起きをしよう

1日3食バランスよく食べよう

●睡眠を十分にとろう!

起きる時間は一定にしよう

寝酒はしないようにしよう

●体を動かそう!

散歩、ストレッチ、腹式呼吸、子どもと遊ぶなど、自分にあった方法で無理なく行おう

ストレスを柔軟に受け止めよう

こころの持ち方を変えてみよう!!

●自分にストレスがかかっていることを認めよう

●ストレスは早めに解消し、ため込まないようにしよう

●気持ちや状況を整理しよう

●正解はひとつしかないと思い込まないようにしよう

●忙しい時こそ、きちんと休みをとろう

困ったときはどうしたらいいの?~相談機関や医療機関~

防府市では「悩みごと相談窓口一覧」のリーフレットを作成しています。悩みを一人で抱え込まずに、相談する際の参考にしてください。

悩みごと相談窓口一覧 [PDFファイル/845KB]

あなたも大切な人の心と命を守る「ココサポ」になれる!

悩みを抱えている人や自殺を考えている人に気づき、心と命を守る「命の門番」のことを「ゲートキーパー」といいます。防府市では「ゲートキーパー」の事を親しみやすく覚えてもらうために、「ココロぽっとサポーター(略してココサポ)」と呼んで普及しています。

「ココサポ」は特別な人ではなく、悩んでいる人の身近にいる誰もがなれるものです。

ココサポの役割

1気づく

家族や友人、職場の人など周りの人の「いつもと違うな」という変化に気づこう。

2声をかける

変化に気づいて「どうしたの?」「大丈夫?」と声をかけよう。

3傾聴する

相手の話を真剣に聞き、共感しよう。相手の気持ちに寄り添うことが大切です。

4つなぐ

問題を解決するために適切な人や機関(相談機関・医療機関など)につなごう。

ココサポ講座(ゲートキーパー養成講座)の出前講座を実施しています

ゲートキーパーの役割を講義やロールプレイングを通して学んでいきます。

団体、職場等の研修の機会に出前講座を実施します。お気軽に防府市保健センターへお問合せ下さい。

悩んでいる人に気づいて寄り添う*ココサポ*講座

内容:うつ・自殺のサイン、声のかけ方、ココサポの役割

時間:1時間30分から2時間程度

講師:市保健センター保健師

受講料:無料