ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 農林水産振興課 > 農薬を使用するときは気をつけましょう

農薬を使用するときは気をつけましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年8月23日更新

農薬を使用する時は気をつけましょう!

 食品衛生法の改正に基づき、飲食を原因とした国民の健康被害を積極的に防止する目的で、残留農薬のポジティブリスト制度が平成18年5月29日からはじまりました。
 この制度では、今まで残留農薬基準値がない農薬にも新たな基準が設けられ、この基準を超えた場合、食品衛生法違反になる恐れがあります。
 食品衛生法違反の場合は、生産物の出荷停止・回収などの対応等が求められますので、農薬を使用するときは、誤使用や周辺作物への飛散防止に努めてください。

 農薬の使用は、ミツバチ等有用生物へ影響を与えることもあります巣箱設置場所の周知や農薬使用予定の情報を共有するなど危害防止に努めてください。

農薬を使用する時には、次のことに十分気をつけましょう

  • 用法や用量を守りましょう。
  • 作物に登録のある農薬を使いましょう。
  • 周辺の住民や農作物の生産者、また、ミツバチ等有用生物への影響も考え、散布する日や農薬等の種類を事前に知らせましょう。
  • 周辺に農薬が飛び散らないように風向きや散布方法に気をつけましょう。
  • 保管についても注意が必要です。施錠のできる倉庫で施錠して保管し、誤飲防止のためペットボトルなどへの移しかえるのはやめましょう
  • 県のホームページもご確認下さい。