ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 商工振興課 > ふるさと寄附金の使途

ふるさと寄附金の使途

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

ふるさと寄附金の使途

防府市では、寄附者の方々の思いを、寄附金の活用を通じて実現していきたいと考え、寄附金の使途についてお選びいただけるようにしています。

下記事業をご指定いただいた皆さんからの寄附は、「ふるさと応援基金」に積み立て活用させていただきます。

特にご指定がない場合は、市が必要と認める事業に有効に使わせていただきます。

  

市が必要と認める事業

 市が必要と認める事業に有効に使わせていただきます。

 

明治維新150年に向けた観光振興

平成30年の明治維新150年に向け、幕末・明治維新の頃の史蹟が多く残る本市の魅力を発信します。

 

道の駅潮彩市場防府における産業振興と地域活性化の推進

水産業の振興と地域の活性化を図るとともに、道の駅として道路を利用される方の利便性向上に向けた情報発信や、誘客向上のための施策を実施します。

 

NPO法人等の支援

支援したい防府市内のNPO法人等を指定して寄附することができます。寄附額の95%を指定されたNPO法人等に補助金として交付し、残りの5%は市のふるさと寄附金推進事業の経費として活用させていただきます。

1NPO法人青い鳥動物愛護会

ふるさと寄附金でいのちを救おう

殺処分ワースト3。イメージダウンの山口県下で防府市は2016年2月に殺処分ゼロを達成しました。

市民と青い鳥が協力して保護に取り組み、3年で800匹の犬猫と里親様との出会いを叶えてきたからです。

活動を支えるにはシェルターの運営等で毎月100万円ほどかかります。

これからも殺処分ゼロを続け、活動を山口県全域に広げて行くために、あなたの寄附金で「青い鳥」をご支援いただけませんでしょうか。

2認定NPO法人やまぐち発達臨床支援センター

平成7年3月、5人の障がいを持つ子どもたちの学習支援の場として始まり、現在は、障がいの程度、種類、年齢に限定することなく、幅広く学習・運動・摂食機能訓練を行っております。

診断を持たない学習につまずきを抱える子どもたちへの支援も行っています。

現在、1歳から60歳代まで通われており、団体利用会員6団体へ定期的に訪問しています。

お申し込みについては、こちらを御利用ください。