ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総合政策課 > 学公連携事業(平成26年度)

学公連携事業(平成26年度)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月2日更新

山口県立大学との連携事業について

平成26年度 研究事業の概要を紹介します。

1.共同研究事業に係る課題

防府市における景観資源の整理と活用

【研究目的】
 地域に存在する様々な資源を収集整理し、インターネット及び地図を活用した情報の公開と共有を目指す。

【調査内容】
 ワークショップを実施し、全地域から集約した情報を基に景観ワークショップサイトを構築し、Web上で共有する調整を進める。

ワークショップ成果発表

ワークショップ成果発表の様子

2.受託研究事業に係る課題

防府市富海地区を核とする文化的景観と海・山・まちのネットワーク化によるあらたな観光資源の開拓

【研究目的】
 富海地区の観光資源を基にツアーの実施・開発や、藍染による観光土産物開発に向けた基礎調査などを地域との協働により行う。

【調査内容】
 里山環境整備ボランティア体験を含むツアーのプログラム開発として大平山山頂部の環境整備等を行う。藍染の基礎的研究のため数値による記録を行う調査体制を整え、藍染の技術継承の可能性調査、国指定有形文化財の清水家住宅の清掃及び所蔵されている資料の整理、データ化を行う。

清水家住宅

清水家住宅の清掃の様子

地域福祉に関する防府市民の意識及び現状調査

【研究目的】
 防府市と防府市社会福祉協議会が推進する「防府市地域福祉計画・防府市地域福祉活動計画」の次期計画策定準備作業として、地域福祉に関する市民の意識及び現状調査のため、市民アンケート及び地区懇談会を実施する。現計画策定時からの市民の意識・現状の推移の状況把握、課題の認識、新しいニーズの模索等を行い、次期計画の内容に反映させる。

【調査内容】
 18歳以上の防府市民3,000人を対象にしたアンケートの実施・集計を行う。市内4地区(小野地区、松崎地区、華城地区、中関地区)で地区懇談会を実施し、意見の収集・地域課題の抽出等を行う。

地区懇談会の様子

地区懇談会の様子