ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 建築課 > 解体工事等の建設工事に関する届出

解体工事等の建設工事に関する届出

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年1月1日更新

 工事届出の義務

発注者(所有者または建築主等)が住宅等の解体等の建設工事を行う場合、一定規模以上の工事(対象建設工事という。)については、特定建設資材の「分別解体」と「リサイクル(再資源化)」を行うことが義務付けられます。
また、発注者は工事着手7日前までに市へ事前届出が必要となります。

対象となる工事

対象となる工事
工事の種類
工事の規模
建築物の解体
80平方メートル以上
建築物の新築・増築
500平方メートル以上
建築物の修繕・模様替(リフォーム等)
1億円以上
その他工作物に関する工事(土木工事等)
500万円以上

 

特定建設資材

  • コンクリート
  • コンクリート及び鉄から成る建設資材
  • アスファルト・コンクリート
  • 木材

届出者及び届出先

  • 届出者 発注者(所有者または建築主等)です。
  • 届出先 防府市建築課建築指導室

様式等

国土交通省リサイクルのホームページ