ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 建築課 > 狭あい道路拡幅整備事業

狭あい道路拡幅整備事業

印刷用ページを表示する掲載日:2011年1月1日更新

概要

私たちの身近にある生活道路は、住みやすい環境を守り、災害時の避難路を確保するために重要な役割を果たします。
しかし、市内には「狭あい道路」と呼ばれる、消防車や救急車が入れない道幅4m未満の道路がたくさんあります。そこで市は、安全で快適なまちづくりをめざして、この狭あい道路を拡幅整備する事業を進めています。
この事業は、都市計画区域内の市道である狭あい道路に接する敷地に建物を建築される場合、土地所有者のご協力(後退用地の寄附)をいただき、建築基準法で定められた4mの道路幅が確保されるように、門・塀等の撤去費用の一部、分筆費用を市が助成し、道路の整備をするものです。

 

狭あい事業整備前です。

狭あい事業整備後です。

1土地の測量・分筆

みなさんから寄附をいただく後退用地の測量、分筆登記等は市が行います。

2助成金の限度額

助成金は、『狭あい道路拡幅整備要綱』に定められた基準により算出します。限度額は、10万円です。 

事前協議

敷地の後退が必要な狭あい道路に接して建築行為をされる場合、門・塀を撤去される前に必ず建築課建築指導室にご相談ください
市職員の現場確認が済む前に撤去されると助成金の交付ができませんのでご注意ください。
なお、後退用地の寄附ができない場合の助成制度もありますので、必ず事前にご相談ください。