ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 建築課 > 確認済証・検査済証を紛失された場合には

確認済証・検査済証を紛失された場合には

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月1日更新

建築主の皆様へ

    建築の申請されたおりに、発行した「建築確認済証」や「完了検査済証」などについては、再発行ができません。申
   請時の副本と一緒に大切に保管してください。    

万が一紛失されたとき

    当方で管理する台帳に、申請時の建築主や場所などを記録しており、万が一、紛失された場合は、台帳記載事項
   証明というかたちで証明することは可能です。

証明できる内容について

    証明書に記載される事項は、地名地番、敷地面積、建築面積、延べ面積、主要用途、処分年月日、処分番号、交
   付機関名です。
  
   ※建築主名については、個人情報の観点より、本人申請の場合のみとさせていただております。

記載事項証明の発行手順

  1. 必要事項を台帳記載事項証明願に記入します。
  2. 築年次が分かる書類(建物謄本、課税明細書等)を添付して窓口にて申請してください。(Faxでも受け付けています)
  3. 職員が台帳を検索し証明書を発行します。(発行には1~3日お時間をいただきます。古い物件や建物を特定する情報が少ない場合はさらにお時間をいただくことがあります。)
  4. 窓口で証明手数料を納付し、証明書をお渡しします。