ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 消防総務課 > 防府市消防本部の紹介

防府市消防本部の紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年1月1日更新

 

 防府市消防本部の紹介

防府市は、山口県のほぼ中央部に位置し瀬戸内海に面しており、古くから周防の国の国府として栄え、また、交通の要衝として発展した歴史のあるまちです。 そして、消防本部庁舎は防府市のほぼ中央部に位置しており、まさに市の防災拠点となっています。

消防本部位置図

防府市消防本部は平成15年3月31日に防府市佐波二丁目に移転しました。

庁舎の特徴は、新たな耐震構造で建築されていることです。施設面では最新鋭の消防緊急通信指令施設(免震床)の導入と発信地表示システム、車両動態位置管理装置(AVM,GPS)の整備、訓練スペースの確保、救急消毒室、乾燥室等の設置が特徴としてあげられます。

敷地面積4,387.1平方メートルの土地に鉄筋コンクリート造3階建ての本館棟及び車庫、訓練棟を配置しており、本館棟の1階に、消防署事務室、救急消毒室を備え、2階はトレーニングルーム、食堂、仮眠室、3階には本部事務室、通信指令室、講堂を設置しています。

多目的訓練棟、屋外訓練場には、夜間照明設備を備え、総合的な消防訓練が可能となりました。また、仮眠室は、個室化し福利厚生面に配慮しています。

八王子交差点に面した庁舎北側の壁面には、大型の電光表示板を設置して消防・防災に関する情報のほか防府市の行政情報や行事・イベントに関する身近な情報等を表示しております。