ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 予防課 > たき火や野焼きによる火災に注意しましょう!

たき火や野焼きによる火災に注意しましょう!

印刷用ページを表示する掲載日:2018年8月29日更新

防府市内で火災が多発しています

市内では、今年1月から8月末までに合計26件の火災が発生しています。そのうち、8月は8件の火災が発生し、その原因の多くが、たき火や野焼きによるものです。

たき火や野焼きによる火災は、ちょっとした油断や不注意から発生しています。

市民一人ひとりが、火の元、火の取扱いに十分注意し、火災を起こさないようにしましょう。

河川敷

たき火や野焼きは火災と紛らわしい行為として届出が必要です

たき火や野焼き等の屋外における焼却行為は、火災と見誤ることがあります。火災と紛らわしい煙や火炎を発するおそれがある行為は、防府市火災予防条例に基づき事前に消防本部へ届け出る必要があります。

なお、消防本部への届出に関わらず、たき火や野焼き等屋外での焼却行為は、一部の例外を除き、法律で禁止されています。

詳しくは、『火災と紛らわしい行為の届出及び廃棄物の焼却(野焼き)は法律で禁止されていますのページをご覧ください。 

たき火をするときの注意事項

・風の強いときや乾燥してるときを避けましょう。また、途中で風が強くなったときは中止しましょう。

・水バケツ、消火器等による消火の準備をしましょう。たき火等が終わった後は再び燃えださないよう水をかけて完全に火が消えたことを確認しましょう。

・焼却中は目を離さず、火を消すまで、その場を離れないようにしましょう。

・周囲に燃えるものがない場所で、小分けにして少しずつ燃やしましょう。

・着衣着火によるやけど等に注意しましょう。 

たき火啓発イラスト

平成30年防府市の火災発生状況

詳しくは『平成30年火災発生状況』のページをご覧ください。

平成30年度全国統一防火標語

忘れてない?サイフにスマホに火の確認