ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 予防課 > 小規模な飲食店にも消火器具の設置が必要となります

小規模な飲食店にも消火器具の設置が必要となります

印刷用ページを表示する掲載日:2018年8月20日更新

平成28年12月22日に発生した新潟県糸魚川市の火災を踏まえて、今まで消火器具の設置義務がなかった延べ面積150平方メートル未満の飲食店等に対して消火器具の設置が義務付けられます。(消防法改正:平成30年3月28日)

対象となるのは

調理のため、火を使用する設備または器具を設けている飲食店等

いつから

平成31年10月1日から施行されます。

対象から外れる飲食店等

●火を使用する設備または器具を設けていない場合

●IHこんろや電気を熱源とする設備または器具以外設けていない場合

●火を使用する設備または器具に次のいずれかの「防火上有効な措置」が講じられている場合

  1. 調理油過熱防止装置
  2. 自動消火装置
  3. 圧力感知安全装置(カセットこんろ)など

消火器の点検報告

消火器は6か月ごとに点検し、その点検結果を1年に1回消防署長に報告しなければなりません。(消防法第17条の3の3)

自ら行う消火器の点検報告

製造年から5年を超えていない蓄圧式消火器は、自ら点検をすることができます。(加圧式消火器は3年)

消火器の点検報告支援パンフレット [PDFファイル/10月05日MB]

消火器の点検結果報告書等の様式 [PDFファイル/208KB]

消火器点検アプリ

消火器の点検報告の受付場所

〒747-0044防府市佐波二丁目11番25号防府市消防本部庁舎1階

防府市消防署査察係Tel:0835-23-9908