ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 予防課 > 厨房の排気ダクトを清掃しましょう

厨房の排気ダクトを清掃しましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月8日更新

排気ダクトやレンジフードの維持管理について

業務用厨房や炭火焼きの飲食店で火気使用機器等を使用する際には、レンジフード・換気扇や排気ダクトを長時間使用するため、油脂やほこりが短期間でたまりやすく、汚れがひどくなると火災や一酸化炭素中毒事故につながる危険性があります。

日頃のお手入れや定期的なメンテナンスをきちんと行いましょう。

よごれたはいきだくとのがぞうしょうそんしたふらいやーのがぞう

※上記の写真は油の付着した排気ダクトと火災を起こしたフライヤーの写真です。

厨房からの火災を防ぐポイント

☆油を温めているときは、絶対にそばを離れない。

☆こんろの近くに、燃えやすい物を置かない。

☆鍋を火に掛けたまま放置しない。

☆ダクトなどの厨房設備は定期的に清掃する。

☆消火器は、すぐに使える場所に設置する。

下記をクリックいたしますと消防庁ホームページの「業務用厨房をお使いの皆さんへ」のリーフレットにリンクします。

http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/kasaiyobo/chubosouji-pamf20130219.pdf