ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 教育総務課 > 奨学生の募集について(受付を終了しました)

奨学生の募集について(受付を終了しました)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月20日更新

平成29年度防府市奨学生の募集について(受付を終了しました)

向学心に富み、有能な資質を持っているが経済的な理由により、大学等に修学が困難な方に、奨学資金の貸付を行います。

募集内容

対象(次のすべてにあてはまる人)

 ・学資の支出が困難な大学生・短大生及び修学年限2年以上の専修学校の専門課程の学生

 ・他の奨学資金の貸付を受けない人(併願可)

 ・市内に2年以上住所を有する人に扶養されている人

 ※新たに入学される場合だけでなく、現在在学中の学生も申請できます。

貸付金額

 ・一般奨学金    月額30,000円

 ・定住促進奨学金 月額10,000円

 ※定住促進奨学金:大学等を卒業後、防府市に定住したいと考えている奨学生に、一般奨学金に上乗せして貸付。

              定住促進奨学金のみの申請は不可。

貸付期間

 在学する大学等の正規の修業期間

申込期間

 平成29年4月3日(月曜日)から平成29年5月19日(金曜日)まで

 申請書類を教育総務課に提出してください。

募集人数

 20人以内

申込方法

申込期間に次の書類を教育総務課に提出してください。

奨学金貸付申請書

世帯全員の住民票 及び 収入の状況を明らかにする書類(所得課税証明書等)

  住民票 及び 収入の状況を明らかにする書類は、調査の承諾書を提出される場合には必要ありません。

在学証明書

奨学生推薦調書

  新たに大学等へ入学した場合  出身高等学校で推薦調書を記入後、提出してください。

  既に大学等に在学中の場合   在学校で推薦調書を記入後、提出してください。

                       在学校の推薦調書提出される場合には、在学証明書の提出は不要です。

 申請様式 [PDFファイル/120KB]

採用の決定と誓約書の提出

奨学生の決定は、選考審査会の選考を経て教育委員会が行い、7月下旬頃決定通知書を送付します。

決定通知後、2週間以内に次の書類を添えて、教育総務課に提出してください。

誓約書(連帯保証人2人の連署が必要)

  連帯保証人は、独立の生計を営む年齢25歳以上の方で、平成28年度の市税等を完納した方。

  ※奨学生が卒業したときには、連帯保証人と連署した借用証書の提出が必要となります。

連帯保証人の平成28年度納税証明書

  防府市在住(防府市で納税)で、調査の承諾書を提出される場合には必要ありません。

奨学資金振込口座届

貸付概要

区分貸付額貸付利子貸付期間貸付(振込)時期返還等
一般奨学金

月額30,000円

無利子大学等の正規の修業期間

4月・7月・10月・1月

(注2)

卒業の月の1年後から、貸付期間の2.5倍の期間(1月に満たない端数期間がある時は、これを切り上げて得た期間)以内に、月賦、半年賦または年賦により返還
定住促進
奨学金

月額10,000円

無利子

 (注1)

有利子(年3%)

 (注1)卒業後、3年未満で市外に生活の本拠地を置いた場合、有利子(年3%)となります。

 (注2)新規採用の奨学生は貸付審査等のため、初回は9月中旬頃に、4月分から9月分までをまとめて振込みます。


<奨学金返還例(月賦で返還する場合)>

区分貸付月額貸付総額(年数)返還回数(年数)返還月額
一般30,000円144万円(4年間)10年間(120回)12,000円
一般+定住40,000円192万円(4年間)10年間(120回)16,000円(注3)
一般30,000円72万円(2年間)5年間(60回)12,000円
一般+定住40,000円96万円(2年間)5年間(60回)16,000円(注3)

 (注3)定住促進奨学金が有利子になる場合、月額の返還額が増えます。

 例:平成29年4月に4年制大学に入学、4年間貸付、10年間月賦で返還

    貸付期間:平成29年4月~平成33年3月 4年間

    返還期間:平成34年4月~平成44年3月 10年間(120回) (卒業の1年後から返還開始)

 平成29年度防府市奨学生要項 [PDFファイル/166KB]