ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市政なんでも相談課 > 「市民の声」の公表/詳細/福祉/平成27年6月

「市民の声」の公表/詳細/福祉/平成27年6月

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月7日更新

「市民の声」の公表(詳細)

件名

乳幼児医療助成制度について

受付年月

平成27年6月

提言の要旨

乳幼児医療助成制度を中学校卒業までにしていただきたい。

回答の要旨

  本市におきましては、次代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つように、子育て家庭を支援する様々な事業について、積極的に取り組んでいるところでございます。

  中でも、山口県と共同で実施しております就学前のお子さんの医療費の自己負担分を助成する乳幼児医療費助成制度につきましては、本市がこれまで取り組んできた行財政改革の効果により、県内他市に先駆け独自に所得制限を撤廃し、医療費を無料化するなど、子育て家庭の負担軽減に努めてまいりました。

  そうした中、更なる子育て家庭への支援拡充のため、本年10月から、県内13市で唯一所得制限を設けず、小学生の医療費を無料化にする「こども医療費助成制度」を新たに実施することといたしております。

  医療費助成制度の中学生までの拡大についてご提言をいただきましたが、私も、子どもさんの病気やけがの際に、医療費の心配をすることなく、医療サービスを受けられることは、子育て家庭にとって、大変心強い支援になるものと考えておりますが、本年度が、医療費助成制度を小学生まで拡充する初年度となりますので、今後の利用状況の推移を見守りながら、財政的な面も考慮し、様々な角度から検討してまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

検証結果(平成28年10月)

子どもの医療費の助成については、平成27年10月から所得制限を設けず小学校卒業までの無償化を実施しました。制度の中学校卒業時までの拡充については、子育て世帯の支援を行うため、必要な施策と考えておりますが、財政面の負担や他の事業との優先順位の関係から、実施時期及び拡充内容について明言できない状況です。      

内容に関するお問い合わせ先

健康福祉部子育て支援課(1号館1階)
電話(0835)25-2343Fax(0835)25-2259
E-mailkosodate@city.hofu.yamaguchi.jp