ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市政なんでも相談課 > 携帯メールによる架空請求にご注意を!

携帯メールによる架空請求にご注意を!

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年1月1日更新
  •  携帯電話に利用したことのないサイトから利用料等の請求メールが送られてきたといった苦情・相談があります。
  • 携帯電話のショートメッセージサービス(同じ携帯電話会社の携帯に電話番号を使ってメッセージが送ることができるサービス)を利用してサイトの利用料等の請求メールが送られてきます。内容は「携帯電話のサイト利用料金(使用料・情報料)が未納であるので、至急連絡してください。連絡がない場合は法的処置をとります。」といったものです。

もしもそういった請求メールを受けた場合は以下のことにご注意ください。

  • サイトを利用していないのであれば請求されても支払う必要はありません。
  • 「今日中に連絡をするように」「法的処置をとる」などといった言葉にあわてずに、決して連絡をしないようにしましょう。
  • 連絡を取ることは新たに個人情報を教えることになりますので絶対にやめましょう。
  • 請求元から携帯電話などに請求を受けた場合には、身に覚えのないことを説明し、毅然とした態度で断りましょう。
  • 断っているにもかかわらずしつこく請求があったり、脅迫めいた悪質な請求がある場合には、最寄りの警察署へ相談しましょう。
  • もしも金融機関の口座へ振り込んだときは、すぐに金融機関及び警察へ届出しましょう。
  • また、最近は金融機関の口座への振り込みを要求する手口のほかに、郵便専用封筒を利用し送金させる手口も発生しています。

 不安を感じたり、トラブルに遭った場合は、まずは消費生活センターへ早めにご相談ください。