ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市政なんでも相談課 > 「市民の声」の公表/詳細/生活環境/平成29年3月

「市民の声」の公表/詳細/生活環境/平成29年3月

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月24日更新

「市民の声」の公表(詳細)

件名

「清潔な防府市の町づくり会社の設立」と「実行」について

受付年月

平成29年3月

提言の要旨

「清潔な町づくり会社」を設立し、道路・交差点・川の清潔化に向けて進めていただきたい。

回答の要旨

本市では、平成13年度に制定した「防府市空き缶等のポイ捨て及び犬のふんの放置防止に関する条例」をより実効性のあるものにし、清潔で美しいまちづくりに取り組むため、ポイ捨て禁止看板や啓発用チラシの配布、毎年7月に実施する「市民一斉清掃」や市広報等を活用した啓発活動に加え、●●様から以前いただきました御提言をもとに、広報車での呼びかけ等を実施しているところです。また、平成28年には市制施行80周年を記念して、ごみ拾いをスポーツとして捉えた新たな試みとして「スポーツごみ拾い大会」を開催いたしましたが、高校生や職場の友人チーム等これまでのボランティア清掃とは違う層の参加者もありましたので、平成29年度も引き続き実施し、新たな意識ある人たちの掘り起こしを行ってまいりたいと考えております。

さて、御提言の清潔な町づくりについて、市では会社を作るのは難しいところですが、平成28年度に防府市長を会長とし様々な団体の代表者を委員とする「安全で美しいふるさとづくり市民会議」を設置しており、この会議においても、ポイ捨ての現状については問題提起がされております。この会議のように様々な団体や行政が情報を共有し、あらゆる機会を通じて、まずはポイ捨て防止の啓発の裾野を広げることにより、地道に意識ある人を増やし、一部の人たちがポイ捨てを行いにくい地域づくりを行っていくことが重要であると考えます。

しかしながら、汚れが特に目立つ箇所については、一時的に集中的な清掃作業を行い、ポイ捨てゴミを一掃する「実行」の機会を作っていくことも必要と考えます。なかでも、御指摘のあった駅周辺など交通量の多い街路やヘドロが多い河川等は、関係課で連携して取り組むとともに、県や国等に対してもこれまで以上に強く要望を行ってまいりたいと考えます。

市といたしましては、引き続き、意識ある多くの市民の皆様や団体の皆様と協働して、その裾野を広げながら「清潔で美しい防府のまちづくり」に取り組んでまいります。

  内容に関するお問い合わせ先

生活環境部生活安全課(4号館2階)
電話(0835)25-2171Fax(0835)25-2369
E-mailseikatsu@city.hofu.yamaguchi.jp