ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市政なんでも相談課 > 「市民の声」の公表/詳細/生活環境/平成28年5月(2)

「市民の声」の公表/詳細/生活環境/平成28年5月(2)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月19日更新

「市民の声」の公表(詳細)

件名

「自動車運転マナーの改善に関する施策」について

受付年月

平成28年5月

提言の要旨

市内高校生の自転車運転マナーが悪い。防府市として市民、特に学童生徒の自転車運転マナーの改善に効果のある施策を要望します。

回答の要旨

本市では、交通安全思想の普及・浸透を図るため、防府警察署をはじめ、防府交通安全協会や防府市安全会議などと緊密に連携を図り、春と秋の全国交通安全運動や夏と年末年始の交通安全県民運動などの強化期間を設けるなど、一年をとおして継続的に交通安全に関する啓発活動を行っています。

身近な乗り物である自転車の運転マナーにつきましては、高校生に限らず問題点が多く、最近では全国的にもマナー違反または危険な自転車運転に原因する死亡事故が多くなってきており、重大な事故の被害者のみならず加害者にもなる等様々な危険を有していますので、私自身安全意識の啓発の必要性を強く感じています。

御指摘の高校生の自転車の運転マナーにつきましては、毎年、春と秋に市内の高等学校5校を順次訪問し、自転車通学の生徒に自転車安全利用についての啓発チラシを直接手渡しするとともに、自転車商組合の御協力による自転車の安全点検を実施し、自転車の安全利用を呼びかけています。また、各地域で行われている交通立哨や防府警察署での巡回、防府市での広報車巡回のときなどにもルールが守られていない自転車運転には注意を呼びかけています。

市内の小学校では、防府警察署の協力を得ながら「交通安全教室」を、また中学校においては、新入生を対象とした「自転車教室」や全学年を対象にした「自転車点検」を実施し、交通安全の意識を喚起するとともに、自転車の安全運転について啓発する機会を設けています。

加えて、平成25年12月1日に自転車安全運転を強化する改正道路交通法が施行され、さらには、平成27年6月から14歳以上の違反・危険運転を繰り返す悪質自転車運転者に対して自動車運転免許停止の講習と同様の「自転車運転講習」を義務付ける制度も施行されております。

こうした自転車運転者への罰則強化の周知を含め学生の自転車安全運転につきましては、学校・家庭での教育が特に重要であり、効果的な啓発活動を警察署・市内各学校等関係機関と協議しながら推進するとともに、自転車運転マナーの向上のため、広報やチラシなどで継続して広報活動を実施していくことが重要であると考えています。

今後も引き続き児童生徒の交通安全に取り組んで参りますが、市内で危険な自転車の運転をする児童生徒を見かけられた場合は、お手数ですが、その場でお声かけをいただくとともに関係教育機関にもお知らせくださいますようお願いいたします。

内容に関するお問い合わせ先

生活環境部生活安全課(4号館2階)
電話(0835)25‐2165Fax(0835)25‐2369
E-mail seikatsu@city.hofu.yamaguchi.jp

教育委員会教育部学校教育課(1号館3階)
電話(0835)25‐2490Fax(0835)23‐0141
E-mail gakkou@city.hofu.yamaguchi.jp