ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 入札検査室 > 総合評価競争入札方式の改正について

総合評価競争入札方式の改正について

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年5月7日更新

総合評価競争入札方式の改正について 

防府市が発注する公共工事で実施している総合評価競争入札方式の内容を一部改正しますのでお知らせします。なお、この改訂は、平成22年5月1日以降募集開始又は指名通知する工事のうち総合評価競争入札方式を採用する入札において適用します。

「工事成績評定点」の改正

〔改正前〕

過去2年度の工事成績評定点の平均点(200万円未満の工事を除く、業種を問わない。)

〔改正後〕

  1. 土木関係工事(建築課以外の発注工事)
    建築課以外が発注した工事を対象とした、過去2年度の工事成績評定点の平均点(200万円未満の工事を除く。
  2. 建築関係工事(建築課の発注工事)
    建築課が発注した工事を対象とした、過去4年度の工事成績評定点の平均点(200万円未満の工事を除く。)

※工事発注部署により、1又は2の平均点を使用する。

公告日前の1年間の継続学習(CPD)の取組状況

〔改正前〕

公告日前の1年間の配置技術者に係る継続学習に対する取組状況

〔改正後〕

当該年度の初め(4月1日)から入札通知日又は公告日までの間の任意の日から1年前の間の、配置技術者に係る継続学習に対する取組状況