ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 入札検査室 > 単品スライド条項の一部改正について

単品スライド条項の一部改正について

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年3月15日更新

減額変更を請求する場合における単品スライド額の算定方法について  (H21.3.15適用開始)

 鋼材類や燃料油等の主要な工事材料の価格が著しく下落していることから、請負代金の額が不適当となる恐れがあるため、減額変更を請求する場合における単品スライド額の算定方法を定めました。

運用の開始日

    平成21年3月15日

 なお、工期の末日がこの通知の施行日以降でで平成21年6月30日以前である工事についての単品スライド条項に基づく請負代金額の変更の請求は、当該請求の際に残工期が2月未満であっても、工期満了前であって、かつ、平成21年4月30日までの場合は、これを行うことができるものとする。

工事請負契約における単品スライド条項の運用の拡充について (H20.10.15適用開始)

 工事請負契約約款第25条第5項(単品スライド条項)については、平成20年9月1日に運用を開始したところですが、この度、国及び県から、運用の拡充について通知がありましたので、これに準じて、下記のとおり運用の拡充を行うこととしましたのでお知らせします。

運用の拡充の内容

事  項

平成20年9月1日からの運用

今回の運用拡充の内容

適用対象工事

すべての工事

同左

対象となる品目

鋼材類、燃料油の2品目に限定

左記に加え、工事の請負代金額に大きな影響(請負代金額の1%以上)を及ぼす品目を対象

スライド額の算定ルール

工事の請負代金額に対して1%以上の影響を与える品目の合計増加額のうち、請負代金額の1%を超える額を発注者が負担

同左

単品スライド条項適用の公表

規定なし

単品スライド条項の適用により請負代金額を変更した場合には、その内容をホームページ等で公表


運用の開始日

    平成20年10月15日

なお、工期の末日がこの通知の施行日以降で平成21年1月31日以前である工事についての単品スライド条項に基づく請負代金額の変更の請求は、当該請求の際に残工期が2月未満であっても、工期満了前であって、かつ、平成20年11月30日までの場合は、これを行うことができるものとする 

防府市建設工事請負契約約款第25条第5項(単品スライド条項)運用基準 [PDFファイル/117KB]