ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 選挙管理委員会事務局 > 期日前投票制度および不在者投票制度

期日前投票制度および不在者投票制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月14日更新

選挙期日(投票日の当日)に仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭などで投票することが困難と見込まれる人が、投票日の前に投票できる制度です。

期日前投票について

期日前投票のできる期間・場所・時間など

選挙によって異なりますので、実施する選挙ごとにお知らせします。 

期日前投票の方法

期日前投票は次のいずれかの方法で期日前投票宣誓書を記入し、入場券とともに期日前投票所へお持ちください。

  • 入場券裏面の期日前投票宣誓書を記入する
  • 期日前投票所で期日前投票宣誓書を記入する

不在者投票について

次の場合などにおいて不在者投票ができます。ただし、選挙人名簿の登録が防府市には無い場合や不在者投票できる要件を満たしていない場合などがありますので、詳しくはお問い合わせください。

  • 都道府県の選挙管理委員会の指定する病院や老人ホームなどの施設に入所している場合は、本人から施設への請求により入所されている施設で不在者投票ができます。
  • 長期出張などで投票日に帰られない場合は、本人の請求により直接滞在先に投票用紙と必要書類を郵送しますので、滞在先の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票をしてください。
  • 船員の方で航海等により投票日に帰られない場合は、船舶内における不在者投票や洋上投票などの方法により投票ができます。