ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

漏水の原因・発見方法

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月1日更新

漏水の原因・発見方法

 主な漏水の原因について

  1    水洗トイレの水がいつも流れている。
  2    温水器、ボイラー等から水が少しずつ漏れている。
  3    太陽熱温水器から漏水し、雨樋を伝わって水が落ちている。
  4    地下や床下で水が漏れている。

 漏水の発見方法について

 地下や床下で漏水している場合、目で見て確かめることは困難です。
 そのときはまず次のようにして調べます。
  1    家の中の蛇口等を全部しめる。
  2     メーターのパイロットが回っているかどうか調べる。

もし少しでも回っていたら、どこかで漏水しています。このように目で見て確認できない場合には、漏水調査が必要です。上下水道局では一般家庭のお客様が漏水調査をご希望される場合は、平日9時~16時の間でお客様のご在宅のときに行っております。なお、受付順で行いますので、お待ちいただくこともあります。

また、修理費用はお客様のご負担となります。修理の場合は、防府市指定給水装置工事事業者等での施工をお願いします。

水道メーターのパイロット

パイロット 

このパイロットが回っているかどうかで通水、漏水の有無を確認します。

パイロットの回転は通水していることを意味します。

 

 

漏水の場合の水道使用水量軽減制度について

 目に見えない場所での漏水で漏水箇所発見後、防府市指定給水装置工事事業者等で修理を完了された場合、水道使用水量が軽減される場合があります。お問い合わせの際には、修理日、修理施工業者、電話番号をご確認のうえ、ご相談ください。

  漏水量の軽減の条件は

   1 目に見えない場所での漏水であること

   2 水道使用水量軽減の期間は1検針期間が対象となること

   3 防府市指定給水装置工事事業者等で適正に漏水箇所の修理を完了していること等が必要となります。