ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 上下水道局下水道整備課 > 公共下水道に接続するとき

公共下水道に接続するとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月1日更新

公共下水道に接続するとき

順序と内容

順序

内容

1.申し込み
【お客様から工事店へ】
工事の申し込みは、排水設備の新設、改造にかかわらず、お客様と指定工事店との間で行ってください。
契約に際しては、十分話合いをして、工事内容や必要書類を確かめて、納得したうえでご本人が署名・押印をしてください。
水洗便所改造資金融資あっせん制度を利用される場合は、申し込み時に、この制度を利用することを指定工事店へ伝えてください。
2.届出
【工事店から上下水道局へ】

工事は、上下水道局へ届け出ることが必要です。(排水設備確認申請書の提出)

3.受付・確認
【上下水道局から工事店へ】
申請内容が、上下水道局の定めた基準に適合しているかを確認し、不備があれば指導します。(確認書の交付)
4.工事の実施
【工事店】
市の確認を受けた設計図書に基づいて、指定工事店が工事を実施します。(着手届、完了届、使用開始届)
5.検査
【上下水道局から工事店へ】
工事完了後、市の検査員が工事店(申請者)と立会のうえ、現地で検査を行います。(検査済証の交付)
6.供用開始
【上下水道局からお客様へ】

工事完了後は、すぐに使用できます。(下水道使用料の賦課)

排水設備計画確認申請書等の様式はこちら [PDFファイル/250KB]からダウンロードできます。

排水設備工事は指定工事店で

 お客様が安心して工事を行っていただくために、必ず上下水道局が指定した「指定工事店」へお申し込みください。「指定工事店」は、基準にあった設備をつくるために必要な技術を習得し、また、上下水道局も指定工事店規程により指導等を行っています。(「指定工事店」以外のところでは、工事を行うことができません)
 工事を行う場合、上下水道局へ工事に関する届出が必要となりますが、書類の作成や申請などの手続きについては「指定工事店」にお尋ねください。

指定工事店名簿はこちら