ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 障害福祉課 > 防府市障害者虐待防止センターを開設しました

防府市障害者虐待防止センターを開設しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年10月1日更新

障害者を虐待から守りましょう

「障害者虐待の防止、障害者の養護者に対する支援等に関する法律(障害者虐待防止法)」が平成24年10月1日から施行されました。これに伴い、「防府市障害者虐待防止センター」を市役所障害福祉課内に開設しました。障害者への虐待を発見した人は、すみやかに市に通報することが義務付けられています。障害者の虐待にかかわる通報や届出、支援などの相談は、障害者虐待防止センターまでご連絡ください。

対象となる障害者とは

防府市障害者虐待防止センターでは、身体障害者、知的障害者、精神障害者(発達障害を含む)について対応します。
18歳未満の人、65歳以上の人について相談があった場合は、ケースに応じて、それぞれの担当部署と連携して対応します。

障害者虐待とは

障害者虐待の例としては、次のようなものがあります。

(1)身体的虐待

障害者の体に傷や痛みを負わせる暴行を加えること。または正当な理由なく身動きがとれない状態にすること。
例えば、殴ったり蹴ったりする、柱にしばり付ける、部屋に閉じ込めるなど。

(2)性的虐待

障害者にわいせつな行為をしたりさせたりすること。
例えば、性的行為を強要する、裸にする、本人の前でわいせつな話をするなど。

(3)心理的虐待

障害者に対する暴言や、拒絶するような言葉や態度で精神的な苦痛を与えること。
例えば、どなる、子ども扱いをする、わざと無視をするなど。

(4)ネグレクト(放棄・放任)

食事や排泄などの世話や介助をほとんどせず、障害者を衰弱させたり、長時間放置すること。また他の人(同居人や他の障害者、同僚など)による身体的虐待や心理的虐待などを放置すること。
例えば、食事を十分に与えない、あまり入浴させない、必要な医療を受けさせないなど。

(5)経済的虐待

本人の同意なしに、障害者の財産などを使うこと。また、理由なく障害者に金銭を渡さないこと。
例えば、年金や賃金を渡さない、勝手に障害者の財産や預貯金を使うなど。

虐待かもしれないと思ったら

ひとりで抱え込んだり、放置したりせず、障害者虐待防止センターにご相談ください。
虐待を通報した人や、届出をした人を特定する情報は慎重に取り扱われます。相談を受けた関係者には秘密を守ることが義務付けられていますので、相談者の情報を他者に漏らすことはありません。
また、通報者が施設や職場の職員の場合、通報を理由に解雇することなどは禁じられています。
匿名による通報でも、通報は受け付けます。

障害者虐待に関する通報、届出、相談の窓口
受付時間連絡先
防府市障害者虐待防止センター月曜日から金曜日の午前8時15分から午後5時電話:0835-25-2121
ファクス:0835-23-1580
メール:sfukushi@city.hofu.yamaguchi.jp
防府市役所障害福祉課相談支援係月曜日から金曜日の午前8時15分から午後5時電話:0835-25-2967
ファクス:0835-23-1580
防府市役所月曜日から金曜日の午後5時から午前8時15分
土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
電話:0835-23-2111