ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

交通料金の割引

印刷用ページを表示する掲載日:2018年9月27日更新

交通料金の割引

JR旅客運賃の割引

第1種身体障害者、療育手帳A

本人、介護人ともに5割引

(通常運賃が対象、特急料金等は対象外です)
(区間制限なし。ただし本人単独の場合は区間制限101キロメートル以上)

第2種身体障害者、療育手帳B

本人のみ5割引
(区間制限101キロメートル以上)

(第1種及び第2種については手帳内に記載してあります。)

※各駅にて、障害者手帳を発売窓口に提示してください。

民間バス、市営バスの運賃割引

第1種身体障害者、療育手帳A、精神障害者保健福祉手帳1級

本人、介護人ともに5割引

第2種身体障害者、療育手帳B、精神障害者保健福祉手帳2級及び3級

本人のみ5割引

※各駅にて、障害者手帳を発売窓口または降車時に提示してください。

※精神手帳の割引適用は県内乗降車時に限ります。

航空旅客運賃の割引

障害者本人、介護者が12歳以上であること。

第1種身体障害者、療育手帳A

本人、介護者ともに25%~50%引
(本人が介護者と共に、または単独で旅行する場合)

第2種身体障害者、療育手帳B

本人のみ25%~50%引

(第1種及び第2種については手帳内に記載してあります。)

※各営業所または代理店にて、障害者手帳を販売窓口に提示してください。

タクシー料金の割引

身体障害者手帳または療育手帳を提示すればタクシー料金が1割引されます。(一部実施していない事業所もあります。)

タクシー利用料金の助成(防府市福祉タクシー利用券)

身体障害者手帳1級から3級、療育手帳A、精神障害者保健福祉手帳1級の所持者がタクシーを利用するときの料金の一部(1回の乗車につき500円または1,000円)を助成します。

タクシー券は、1人年間1冊(50枚)を交付します。
なお、自動車税または軽自動車税を減免されておらず、医療機関による送迎を受けていない人工透析患者には、週1回の通院の場合は年間2冊、週2回の場合は年間4冊、週3回の場合は年間6冊まで交付できます。(所定の通院証明書の提出が必要です。)

有効期限は年度末(3月31日)までです。

※タクシー券の利用は防府市と契約を締結している事業所に限ります。

有料道路通行料金の割引

対象

本人運転

身体障害者が自ら運転する乗用自動車等。
(身体障害者手帳の交付を受けていること。)

介護者運転

重度の身体障害者及び重度の知的障害者が乗車し、その移動のために介護者が運転する乗用自動車等。
(重度の範囲はJR割引の第1種と同じ。)

※1人1台のみ登録可能で、営業用の車両は除きます。

割引率

50%以内

利用手続

車検証、障害者手帳、免許証(本人運転の場合)を障害福祉課にお持ちいただき、手帳に自動車登録番号等を記載します。有料道路利用の際、料金所で手帳の提示を行い割引を受けます。

ETC車両の場合、上記に加えてETCカード(未成年者を除き本人名義のもの)、ETC車載器の管理番号が確認できるものが必要です。手続後、登録に2週間程度かかります。

有効期限

初回は申請日より2回目の誕生日まで、2回目からは2年間有効で、その期限の2ヶ月前より更新手続きが可能です。
ただし、車両変更等があった場合はその都度届出が必要です。

※18歳未満の第2種身体障害児に対する通院時有料道路利用料金助成制度もあります。