ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 高齢福祉課 > 高齢者の相談窓口 地域包括支援センター

高齢者の相談窓口 地域包括支援センター

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月10日更新

地域包括支援センターは高齢者のみなさんの生活をサポートします!

地域包括支援センターとは

地域包括支援センターは、高齢者のみなさんが住み慣れた地域で安心した生活を送られるように、介護・福祉・健康・医療などさまざまな面から支援する総合相談機関です。

保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士など専門職の職員が、お互いに連携をとりながらみなさんを支援します。

地域包括支援センターの主な業務

防府市内の地域包括支援センターを紹介します

お住まいのご住所(地区)により、各地域包括支援センターが担当します。地域包括支援センターを積極的にご利用ください。

 
名称所在地電話番号担当地区
防府東地域包括支援センター岸津2丁目24-2027-0150牟礼・松崎・富海
防府西地域包括支援センター大字台道1684番地
(防府あかり園内)
32-3310中関・華城・西浦・大道
防府南地域包括支援センター大字新田574番地3
(新田交差点西側)
28-7002勝間・華浦・新田・向島
防府北地域包括支援センター大字高井544 宇佐川ビル1階
(右田中学校交差点付近)
28-7215佐波・右田・玉祖・小野
防府市地域包括支援センター寿町7番1号
(市役所高齢福祉課内)
25-2964野島

 

業務を詳しく説明します

1 自立して生活できるよう支援します(介護予防ケアマネジメント業務)

(1)要支援1・2と認定された方へ

みなさんの心身の状態にあわせた介護予防ケアプランを作成し、介護予防サービスなどを受けられるように事業所等との調整を行います。

(2)支援や介護が必要となるおそれのある方へ

生活機能の低下を早期に発見し、要支援・要介護状態にならないように介護予防プログラムを提供します。

介護予防プログラムの内容
プログラム内容
運動器の機能向上機能訓練指導員等の指導により、筋力トレーニングや有酸素運動、ストレッチ運動などで運動器の機能向上を図ります。
栄養改善低栄養状態のおそれのある高齢者に対して、管理栄養士等により、低栄養や疾病を予防するための食事指導や相談を行います。
口腔機能の向上口腔機能の低下のおそれのある高齢者に対して、保健師等が必要に応じて歯科医師、歯科衛生士等と連携し、口腔衛生やえん下機能の向上のための指導を行います。
閉じこもり予防・支援家に閉じこもりがちな高齢者に対して、生きがいデイサービスや地域の趣味活動、ボランティア活動などへの参加を促す働きかけをします。
認知症予防・支援認知機能がやや低下した高齢者に対して、脳の活性化に向けたプログラムを提供します。
うつ予防・支援うつ状態が疑われる高齢者に対して、保健師等が医療機関と連携をとりながら訪問指導を行います。

 

(3)元気な方へ

健康相談や、自主的な介護予防への取り組みを支援します。

2 みなさんの権利を守ります(権利擁護事業)

お金の管理や契約などに不安がある方へ

財産の管理や契約に関することに不安があるとき、頼れる家族がいない場合などには、成年後見制度が利用できます。
地域包括支援センターでは、成年後見制度についての相談を受け、申し立ての方法についてのアドバイスなども行います。

※成年後見制度とは?
認知症などにより判断能力が不十分な方について、財産管理や契約の締結を支援する制度です。

虐待を防止します

「高齢者虐待防止法」に基づき、虐待の早期発見・被害防止に努め、他機関と連携して高齢者のみなさんを守ります。
そのほか、悪質商法など消費者被害を未然に防ぐための取り組みや情報提供を行い、さまざまな権利に関する問題に対応します。

3 さまざまな相談に対応します(総合相談支援事業)

地域包括支援センターは、介護・福祉・保健・医療に関する総合相談窓口です。
「どこに相談するのかわからない」といった悩みも、まずはご相談ください。
問題に応じて適切なサービスや機関、制度の利用につなげます。

4 適切なサービスの提供と暮らしやすい地域づくりを支援します(包括的・継続的ケアマネジメント業務)

ケアマネジャーへの支援をします。

みなさんの心身の状態にあわせた適切なサービスが提供されるように、地域のケアマネジャーの支援や助言を行います。

暮らしやすい地域づくりに取り組みます。

地域に暮らすひとりひとりが、助け合いながらよりよい暮らしができるように、介護・福祉・保健・医療などさまざまな関係機関のネットワーク作りに取り組みます。