ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 行政経営改革課 > 第4次防府市行政改革の取組結果を公表します

第4次防府市行政改革の取組結果を公表します

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月8日更新

取組概要

第3次行政改革(平成13年度~平成19年度)から引き続き、平成20年度から平成24年度までの5年間を計画期間として、「市民の目線に立った」更なる意識改革のもと、「量」・「質」・「参画・協働」の3つの視点、8つの重点項目を掲げ、「第4次防府市行政改革大綱」を策定しました。
この大綱に基づき、「第4次防府市行政改革大綱・推進計画」を策定し、将来にわたり自立できる足腰の強い自治を継続するため、行政経営の視点から、聖域を設けることなく行財政全般をゼロベースで見直し、改革に取り組んできました。

 総括

全体総括

第4次行政改革では、「量」・「質」・「参画・協働」の視点で、市民福祉の一層の向上と継続的で自立した行政運営の実現に取り組んできました。具体的には、第3次行政改革からの引継ぎ項目を合わせ、新たな取組項目を含めた46項目に取り組んできました。
その結果、職員数の抑制や事務事業の見直し、事務事業の外部委託等に取り組みながら、窓口業務の時間延長等のサービス拡充など市民サービスの向上に努めてきました。また、本市にふさわしい自治を進めるため「自治基本条例」を制定するなど、本市の自治を更に充実するための基礎を構築し、一定の成果をあげてきたと考えています。
しかしながら、取り組み中の項目もいまだあり、引き続き、未達成項目の解消に取り組む必要があります。併せて、めまぐるしく変化する社会経済情勢への対応を見誤ることなく、新たな行政課題や多様化・複雑化する市民ニーズに迅速かつ適切に対応していくため、今までの行政運営の仕組や手法等を見直す行政改革に取り組んでいきたいと思います。

取組結果

具体的な取組項目、取組内容、取組状況及び効果額等については、第4次行政改革大綱推進計画に記載しています。

No

重点項目

取組
項目数

目標達成
項目数

未達成
項目数

1

人事管理の見直し

4

4

0

2

組織・マネジメントの改革

3

3

0

3

事務事業の再編・整理

10

9

1

4

事務事業の外部委託・民営化

9

7

2

5

外郭団体の見直し

3

3

0

6

健全な財政運営の確保

12

12

0

7

公の施設の見直し

2

2

0

8

地域協働の推進

3

2

1

合  計

46

42

4

※ 未達成項目とは、第4次行政改革大綱推進計画に掲げた目標を達成できなかった取組項目の数をいいます。

第4次防府市行政改革大綱推進計画

防府市行政改革委員会の開催状況

防府市行政改革委員会は、社会情勢の変化に対応し、適正な行財政の運営を行うについて、市長の諮問に応じて必要な事項を調査審議するために設置されました。
なお、平成25年度から、新たに行政経営改革委員会を設置するため、行政改革委員会は平成25年3月29日に廃止しました。