ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 情報統計課 > 国土地理院と「地理空間情報の活用促進のための協力に関する協定」を締結しました

国土地理院と「地理空間情報の活用促進のための協力に関する協定」を締結しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月5日更新

国土地理院と「地理空間情報の活用促進のための協力に関する協定」を締結しました

地図イメージ 

主旨

防府市と国土地理院は、それぞれ個別に保有する地図や航空写真等の地理空間情報の相互活用、また、災害時の情報提供、技術支援に関して連携及び協力を強化することにより、市民の利便性の向上を図るとともに、安心・安全な地域社会づくりに役立てることを目的として、協定を締結しました。

この協定は地理空間情報活用推進基本法の基本計画に基づくものであり、山口県内の自治体では初となります。

協定締結日

平成24年11月28日(水曜日)

協定の内容及びメリット

  1. 地理空間情報の相互活用

    国土地理院が保有する各種の地図・航空写真・標高データ等が簡易な手続きで提供されます。

  2. 災害対応等における協力

    災害時に、被災地域の航空写真や測量データを迅速に入手できます。

  3. 技術支援

    ソフトウェアの提供や、測量機器等の貸与・操作指導、また、研修・講習会等の技術支援を受けることができます。

参考資料