ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > ICT推進課 > やまぐち自治体クラウド基幹系業務システムの共同利用に関する公募型プロポーザルを実施しました

やまぐち自治体クラウド基幹系業務システムの共同利用に関する公募型プロポーザルを実施しました

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月1日更新

やまぐち自治体クラウド基幹系業務システムの共同利用に関する公募型プロポーザル

宇部市、防府市、長門市、美祢市、山陽小野田市、周防大島町及び和木町は、住民サービスの維持・向上の観点を踏まえた経費削減を目指すとともに、災害時の業務継続に向けた対応力の強化を図るため、業務全体の見直しや再構築を行い、基幹系業務システム(住民情報・税・福祉等)を共同で調達することとしました。

ついては、5市2町が共同利用する基幹系業務システムの調達にあたり、下記のとおり公募型プロポーザルを実施しました。

概要

調達件名

やまぐち自治体クラウド基幹系業務システムの共同利用に関する事業

調達方法

公募型プロポーザル方式(価格面と技術面を総合的に評価し、優先交渉権者を選定する。)

事業内容及び仕様

やまぐち自治体クラウド基幹系業務システムの共同利用に関する調達仕様書による

選定結果・実施スケジュール概要

宇部市ホームページへ「やまぐち自治体クラウド基幹系業務システムの共同利用に関する事業者募集(優先交渉権者を決定しました)」