防府仮想歴史博物館 ほうふWeb歴史館もどるすすむトップ用語辞典
幕末維新 現代 近代 近世 中世 奈良・平安時代 古墳時代 弥生時代 縄文時代

周防国府

奈良・平安時代の役所建物があった場所
奈良・平安時代の役所建物があった場所(地区名をクリック)

 多々良山の南の平地は、周辺よりもちょっと標高が高いので、農耕を行うには水の便が悪く、古墳時代より前の生活の跡はあまり見られません。逆に見れば、洪水などの被害にあいにくいので、周防国府のあるあたりは防府平野でも水害の少ない一等地だったのです。
 では、国府国府での仕事へとはいったいどのようなものだったのでしょうか。国府とは役所関連の施設やそこで働く人々の生活の場所も含めます。実際の政治や儀礼・宴会を行う政庁だけではなく、学校・役人(国司[こくし])の住居(国司館[こくしかん])・倉庫・市場などを含むのです。この国府では国司という役人以外に史生[ししょう]という書記官・事務員・技術者・雑徭[ぞうよう]として集められた一般の民衆など数百人が働いていました。
 周防国府には政庁の周辺にいろいろな役割の違う建物群がちらばっています。小字[こあざ]名に「国衙[こくが]」「築地[ついじ]」など国府に関連する名前が残っていますので、小字名を建物群の仮の名称にしていますが、それぞれについて発掘調査の成果から見ていくことにしましょう。

築地地区 大喜庵地区 船所・浜ノ宮地区 宗常地区 行田部地区 大代地区 馬屋田地区 史跡指定地「二町域」(政庁指定地) 妻戸地区 草園地区 仁王田地区
このホームページ内で提供される
テキスト、資料、写真、グラフィックス、データ等の
無断使用を禁じます。
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan