防府仮想歴史博物館 ほうふWeb歴史館もどるすすむトップ用語辞典
幕末維新 現代 近代 近世 中世 奈良・平安時代 古墳時代 弥生時代 縄文時代

右田氏

右田ヶ岳
右田ヶ岳
左の頂上に城があった

 右田ヶ岳に城を構えていた右田氏は、もともとは多々良[たたら]氏の一族で、大内氏とは同族にあたります。鎌倉時代のはじめに、多々良氏の一族が右田周辺を領地にして、「右田摂津守[みぎたせっつのかみ]」と名乗るようになったのが始まりです。
 後に勝坂をこえる道ができると、右田ヶ岳は大内氏の本拠地への入口になりますので、山城がつくられたと言われています。右田ヶ岳の山頂は3つの峰にわかれていますが、城があったのは西の峰で、頂上に本丸[ほんまる]があり、東に少し下がった部分に二の丸[にのまる]がありました。しかし、現在は城跡とわかる痕跡は残っていません。
 なお、天徳寺[てんとくじ]の前に昔は別の寺があり、その近くに右田氏の館や堀の跡があったと言われています。
 
このホームページ内で提供される
テキスト、資料、写真、グラフィックス、データ等の
無断使用を禁じます。
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan