防府仮想歴史博物館 ほうふWeb歴史館もどるすすむトップ用語辞典
幕末維新 近世 現代 近代 中世 奈良・平安時代 古墳時代 弥生時代 縄文時代

萩往還

萩往還

 

 「往還」とは道のこと、つまり「萩往還」は萩への道という意味です。
 萩往還は、萩から旭村の明木・佐々並をぬけて山口市を通り、勝坂から防府市街地に入り、三田尻まで続きます。道中には三田尻以外に山口と佐々並に御茶屋[おちゃや]という藩主の宿泊所があり、藩主がひとやすみする駕籠建場[かごたてば]、庶民の利用する茶屋[ちゃや]、一里塚[いちりづか]などがありました。非常時に備えて狼煙場[のろしば]も道沿いにありました。
 防府に入ってからは、下右田を通って、本橋の付近から佐波川を渡ります。今市で山陽道と合流し、防府天満宮前から南へまっすぐ三田尻へと続き、御茶屋や御舟倉[おふなぐら]へ出ます。

このホームページ内で提供される
テキスト、資料、写真、グラフィックス、データ等の
無断使用を禁じます。
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan