防府仮想歴史博物館 ほうふWeb歴史館もどるすすむトップ用語辞典
幕末維新 近世 現代 近代 中世 奈良・平安時代 古墳時代 弥生時代 縄文時代

三田尻

絵図に描かれた三田尻
絵図に描かれた三田尻
現在の三田尻本町 三田尻本陣五十君家
現在の三田尻本町 三田尻本陣五十君家
 
今も残る道しるべ
今も残る道しるべ
 三田尻は、三田尻御舟倉[みたじりおふなぐら]三田尻御舟倉へにつとめる御船手組[おふなてぐみ]の本拠地としてつくられた町です。今でも周辺には海上を警固[けいご]する御船手組が住んだ警固町、水夫や船大工が住んだ新丁方[しんちょうがた]といった当時の地名が残っています。
 また、藩の公式な屋敷である三田尻御茶屋[みたじりおちゃや]三田尻御茶屋へが置かれ、その西側が商業地域に定められました。この商業地の建設に力をつくした五十君[いぎみ]家は、その働きを認められて三田尻本陣[みたじりほんじん]に定められました。
 
このホームページ内で提供される
テキスト、資料、写真、グラフィックス、データ等の
無断使用を禁じます。
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan