防府仮想歴史博物館 ほうふWeb歴史館もどるすすむトップ用語辞典
幕末維新 現代 近代 近世 中世 奈良・平安時代 古墳時代 弥生時代 縄文時代

華浦医学校

華浦医学校
華浦医学校
 
山口県立華浦病院・医学校跡(松原児童公園)
山口県立華浦病院・医学校跡(松原児童公園)


 1874年(明治7年)、現在の松原町に華浦医学校と華浦病院[かほびょういん]が設立されました。
  華浦医学校は医者を育てる場であり、県内でも最高の医学知識を身に付けることができる研究の場でもありました。外国から人体模型や器械を輸入し、最新の書物が翻訳されて提供されました。
 一方、華浦病院では収入の低い人については治療費が無料になり、看護してくれる人もつけてもらうことができました。また、病院長は山口県内の衛生面に関して指導をする立場にありました。いかに、華浦医学校や華浦病院が、山口県の中で高い地位にあったかがわかります。まさに病院として、そして学校として理想の姿だったのです。
 しかし、運営するための資金が不足したことや学校に関する法律が改正されたことにより、華浦病院は1877(明治10年)に、華浦医学校は1883年(明治16年)に廃止されました。
 病院と医学校が置かれたのは短い期間でしたが、医学校で学んだ人々の中には、その後医者になった人や、県内の衛生状態が良くなるよう指導にあたった人もいます。卒業生のなかには、日本で初めて体温計を作った柏木幸助[かしわぎこうすけ]もいます。

 

このホームページ内で提供される
テキスト、資料、写真、グラフィックス、データ等の
無断使用を禁じます。
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan