国指定天然記念物 天然記念物
えひめあやめじせいなんげんちたい
エヒメアヤメ自生南限地帯
所有: 防府市
所在: 防府市大字西浦
指定: 大正14年(1925)10月8日

 エヒメアヤメは朝鮮半島及び中国東北部に分布の中心を持つアヤメ科の多年草で、種子がアリによって運ばれるアリ散布植物である。種子が鳥や風によって遠くに運ばれる他の植物に対して、散布力が著しく低く、種子はわずかに移動するだけである。したがって、エヒメアヤメが西日本の一部に自生していることは、氷河期に日本列島が朝鮮半島と陸続きであったことを示す植物学的な証拠として貴重なものである。
 茎の長さが10cm前後、花の大きさが5cm程度のきわめて小さなアヤメである。4月上旬の開花時期には指定地が一般開放され、かれんな藍紫色の美しい花を見ることができる。
 自生南限地帯としては、本指定地の他に、広島県三原市・山口県下関市・愛媛県松山市・佐賀県佐賀市・宮崎県小林市に指定地がある。愛媛県で早くから知られていたことからエヒメアヤメと命名され、別名タレユエソウとも呼ばれている。
写真をクリックすると拡大します。
このホームページ内で提供される
テキスト、資料、写真、グラフィックス、データ等の
無断使用を禁じます。
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan