防府市指定天然記念物 天然記念物
あみだじのやまもも
阿弥陀寺のヤマモモ 1本
所有: 宗教法人 阿弥陀寺
所在: 防府市大字牟礼
指定: 平成9年(1997)9月5日

 阿弥陀寺のヤマモモは、参道登り口東側に立っている。目通り幹囲約4.1m、根廻り約10m、高さ約20mあり、県下では最大級、全国でも十指に入る巨樹である。

 ヤマモモは雌雄異株(しゆういしゅ)で、雌樹は6月ころに赤い実をつけ、熟したものは食用となる。常緑高木の陽生樹で、生育が遅く、成木になるのに50年程度必要と言われている。そのため、人為的に残さない限り、他の樹木との競争に負けて立ち枯れてしまう。

 本樹は雌樹で、果肉の薄いいわゆる石桃と呼ばれる実をつける。林の中に位置するため、日光不足により樹勢がやや衰退しているが、樹齢300年以上と推定される姿には老巨寿の風格が感じられる。
写真をクリックすると拡大します。
このホームページ内で提供される
テキスト、資料、写真、グラフィックス、データ等の
無断使用を禁じます。
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan