登録有形文化財(建造物) 登録文化財
ほうふてんまんぐうほんでん・へいでん・はいでん
防府天満宮本殿・幣殿・拝殿
所有: 宗教法人 防府天満宮
所在: 防府市松崎町
指定: 平成21年(2009年)1月8日

(上)拝殿(下)本殿
 現存する防府天満宮の社殿は昭和27年(1952)に火災で焼失した後に再建されたものであるが、このうち本殿・幣殿・拝殿は昭和30年から33年にかけての建築である。いずれも木造で、本殿と幣殿の主要な材木は尾州檜、拝殿は台湾阿里山の檜を使用している。屋根は銅板葺である。最奥が本殿で正面の拝殿との間を幣殿が繋ぎ、周囲には高覧のついた縁をめぐらせている。
 建物の設計は村田治郎氏(京都大学教授)で、江戸時代中期に建てられた旧社殿とは異なり、全体として平安時代の建築を意識した古式な建物で、拝殿の蟇又(かえるまた)や飾り金具以外には装飾の彫刻や彩色がほとんど施されない、白木の美しさを生かした作りとなっている。
 防府を象徴する、市民の心の拠り所として重要な建物であるとともに、社殿建築としても繊細優美な意匠を持ち、優れたものである。
写真をクリックすると拡大します。
このホームページ内で提供される
テキスト、資料、写真、グラフィックス、データ等の
無断使用を禁じます。
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan